HOME

新着情報

東京と地方の差

東京と地方を比べると、暮らしの面では大きな差が有ります。行動範囲が限られる地方では、人々の交流にも限りが有りますし、インターネット社会であっても生の情報は少ないと言えるでしょう。また、圧倒的な違いは価値観です。
価値観の違いは、お金の使い方にも現れます。東京に比べると収入が低い地方では、自分の為だけに費やすお金の捻出は難しいと言えるでしょう。
レジャーやグルメ、あるいは美容などに回される余裕資金が少ない地方では、歯科治療での選択は保険診療に限定されるケースが多く見られます。東京では、あらゆる年齢層に浸透しつつある審美歯科での治療も、地方ではまだまだ一般的ではありません。審美歯科の看板を掲げる歯科医院も少なく、審美という言葉を知らない方も珍しくありません。
審美歯科は、たくさんの症例を手掛けることによって、評価される部分が多いものです。患者数が少ない地方では、腕を上げるチャンスが少なく、良い審美歯科医が育たないとも考えられるでしょう。
それでも、子供たちの歯並びに関しての関心は、東京でも地方でも同様に高まっています。子供の歯並びを矯正する事をきっかけに、自分の歯並びを治したいと思うようになる親も多いようです。
審美歯科が広がって行く芽は、地方にも出ているはずですが、東京に比べると、育つペースは遅いでしょう。